大切な家族を地震から守る!耐震リフォームってどんなの?

大地震はいつ、どこで起きるかわかりません。日頃から水や食料などの防災グッズを準備するのはもちろん、住宅の耐震性を高めて大地震に備える必要があります。既存の住宅の場合、耐震性を向上させるためには、耐震補強工事を行うのが効果的です。今回は耐震補強工事などの耐震リフォームについてご紹介します。

 

大地震はいつ、どこで発生するか予測できない

1995年1月17日の阪神・淡路大震災、2011年3月11日の東日本大震災、2016年4月14日に発生したきた熊本地震など、大地震はいつ、どこで発生するか予想がつきません。何の前触れもなく突然襲いかかり、火事や津波、火山の噴火などを引き起こしながら、甚大な被害をもたらす恐ろしい自然災害です。いつ来るかわからない地震だからこそ、愛する我が家はもちろん、家族の命を守るためにも、耐震リフォームは必要だといえます。

耐震診断のポイントは?

はたして我が家は大丈夫なのか・・・。マイホームの耐震性が気になっている人は、まず耐震診断を受けてみることをお勧めします。「耐震性」は以下のような要素によって決まります。

■形状

一般的には、正方形や長方形などのシンプルな箱型の形をした建物ほど、地震に強いと言われています。一方、「コの字型」や「L字型」など複雑な形状をした建物は、地震のエネルギーが一部分に集中しやすく、歪み・ねじれが発生する原因に。これについては見た目でわかりますので、耐震性を判断しやすいポイントです。

■建設時期

1981年6月以前の旧耐震基準で建てられた建物は、大規模な揺れに耐えられない可能性がありますので、耐震リフォームを検討することをおすすめします。2000年以降に建てられた建物は耐震性が高く、大きな揺れに見舞われても倒壊する可能性は低いと言えます。

■壁

建物の耐震要素を決定する上で重要なのが壁です。壁の厚さはもちろん、耐震用金具や筋交い、構造用合板などが壁に設置されていると、耐震性が高くなります。自宅の壁がどうなっているか確認しましょう。

耐震リフォームの内容とは?

■基礎の補強

建物を支える基礎がしっかりしていなければ、地震に耐えることはできません。基礎が無筋コンクリート(鉄筋の入っていないコンクリート)だった場合は、それを鉄筋コンクリートと一体化させます。また、ひび(クラック)が入っている箇所があれば、そこの改修を行います。

■腐朽箇所の修繕

建物の土台や柱が腐朽していたりシロアリによる被害を受けている場合は、「土台の取り替え」や「柱の根継ぎ」(柱全体を入れ換えず、腐っている部分だけ新しい材を使うこと)をして修繕します。柱や土台の接合部分には耐震用金具を使うこともポイントです。また、新しく使用する木材には、必ず防腐・防蟻(ぼうぎ=シロアリを防ぐこと)処理を行います。

■壁の補強

建物の壁が水平荷重(横から加わる力)に弱い「間仕切り壁」の場合は、筋交いや構造用合板を取り付けて補強することで「耐力壁」という抵抗力の強い壁に変えます。耐力壁は横から加わる力に対して住宅を守る壁のことで、木造住宅、プレハブ住宅でも使われます。

■屋根の軽量化

屋根が重いと、地震で建物が揺れたときに倒壊しやすくなります。たとえば、自宅の屋根に重量のある日本瓦を使用している場合は、それを軽量な材質のものに取り替えるだけでも耐震性が向上します。

まずは耐震診断から始めよう

大地震に限らず、自然災害は起こらないに越したことはありませんが、日本に住んでいる以上、油断は禁物です。根拠もなく「我が家は大丈夫だろう」と判断するのではなく、「備えあれば憂いなし」を実践し、まさかの時の準備を怠らないようにしたいものです。住宅の場合は、耐震リフォームです。大切な我が家と家族を守るために、まずは耐震診断を受けてみてはいかがでしょうか?

耐震リフォームをお考えの方は、建築のプロに依頼するのが一番。では、そういった建築のプロは一体どこにいるのか?家づくり学校 高松校ではリフォームのご相談はもちろん、建築のプロを無料で派遣することも可能です。しかしその前に、ご自身の知識を身に付ける事も大切です。まずはセミナーで学んでみませんか?

セミナー「建て替えか?リフォームか?迷わない判断術」のお申込はこちらから

リフォームについてしっかり学び、体感できる内容ですので、ぜひ参加して家づくりの参考にしてください。失敗・後悔しない家づくりをするためには、まずは「知る」ことが大切。家づくりに必要な知識を身に付けてから進めませんか?皆様のご参加をお待ちしております。

その他、セミナーや見学ツアーも随時開催中!詳しい日程・内容はこちらからご覧ください。

家づくり学校のインスタグラムもチェックしてね↓