【香川での家づくり】2×4の構造見学に行ってきました

お家づくりを考えて始めた皆様。間取りやデザインを重視してお家づくりを進めていくと大変なことになりますよ。住み心地をしっかりと考えないと後悔することに・・・・。

住み心地の中には自分達が住むお家がどんな工法で建てているかや断熱材はしっかり施工されているのかを知っておかないといけないと思います。
今回は、2×4工法でオシャレな輸入住宅を建てているインターデコハウス高松さんの構造見学に行ってきました。お忙しい中、ご案内ありがとうございました。

2×4工法よく耳にしますがどんな工法か“ぴん”と来ない方もいらっしゃいますので少し簡単にご説明します。
【ツーバイフォー工法】アメリカ産まれの合理的な工法で、「面」でお家を構成しているので耐震性や省エネ性が高いお家づくりと言われています。こちらもチェック!!

「面」で包む工法なので梁がたくさんあったり柱が太いのが特徴です。構造計算をして頑丈にしないといけない所には柱を太くしているそうです。

断熱材もきれいに入っております。外壁の内側に切れ目なく気密シートを張る「先張り工法」を取り入れることで、季節を問わず高い気密性を保持しています。断熱材も丁寧に施工しているので夏は涼しく冬は暖かいお家を実現しています。窓の周りも木で支えているので地震で窓が開かないということはないそうです。

「丁寧に施工しているのか」や「隙間なく断熱材を入れているか」など構造見学で分かることもたくさんあると思います。自分達が住むお家がどうな風に建てられているのかを体感する良い機会になると思います。目に見える「デザイン」や「間取り」だけではなく、目に見えない所「施工」や「断熱材の状況」」が一番大切なんです。

家づくり学校では目に見えないところの情報を皆様にお伝えしております。家づくりで迷った方はぜひ、家づくり学校にお越しください。お待ちしております。

個別相談のお申込はこちら

セミナー&体感ツアーの内容・日程はこちらから