アレルギーに負けないお家づくり

最近、雨が続いてジメジメしていますね。先日、お越しになったお客様I様から驚くべきお話を聞きました。今、古いアパートにお住まいのI様。夏は暑くて、冬は寒いそして窓には結露が・・・。ここまでは、よく聞く話です。なんとお隣のお家の方が体のなかにカビが見つかったそうです。それを聞いたI様は早くお家を建てて安心した生活がしたいとおっしゃっていました。今回は、カビ・ダニに負けないお家づくりのお話をします。

高温多湿でカビ・ダニが急増中

ダニの繁殖に必要な条件とはどのようなものでしょうか。ダニは、室温20℃~30℃で、湿度が60~80%、さらに餌となる人や動物のフケ、食べ残しなどがある場所で繁殖します。また、ふとんやぬいぐるみ、カーペットなどに繁殖しやすいです。

カビも15℃から繁殖し始めますが、20℃を超えると勢いよく繁殖し始めます。湿度については、60%くらいから繁殖し始め、多湿であればあるほど繁殖します。また、ゴミやホコリを好みます。

この時期は、まさにカビ・ダニの好む環境です。さらに、昔の木造住宅は土壁だったということもあり隙間風が吹いていました。最近の住宅の構造は高密度・高断熱で、空気がこもったままになっています。これがダニ・カビの発生に拍車をかけているといわれています。

断熱材の施工が大切です!

高気密・高断熱のお家は換気が計画的に出来るのでお家の中のほこりを外に出すことが出来ますが、隙間のある施工をしてしまうと換気の効率が下がってしまいます。残念ながいい断熱材を使ったからといって換気の効率が高くなる訳ではありません。隙間のない施工が大切です。

 

隙間が性能を下げています

結露はカビを育て、カビはダニを育てているのです。結露は非常に厄介なのです。原因は断熱の欠損と隙間にあります。

隙間のあるお家は、その隙間から冷気や熱気・水蒸気を通してしまってお家の性能をどんどん下げています。

一番大切なのは、丁寧な施工です。丁寧な施工こそ住み心地のいいお家になります。
そしてカビ・ダニの心配もいらなくなります。

皆さんは目に見える情報でお家づくりを決めていませんか?目に見えない情報が大切になります。私達家づくり学校は目に見えない情報をお伝えしております。

人生で最大のお買い物のお家。後悔のないようにお家づくりをしないと後で大変になってしまいます。

まずは、お家づくりに必要な情報を見に付けていただいて後悔のないお家づくりの第一歩を踏み出してみませんか?

私たちがお手伝いさせていただきます。迷う前に家づくり学校のお越しください。