子育て世代が学ぶべき「家づくりに必要な知識」とは?

子育て中のご家族がお家を建てようと思った時に、考えないといけないことは山ほどありますよね! 何歳までに住宅ローンを払い終えたいのか、子どもの教育費や老後への備えとの両立はどうするのか……など、悩みは尽きません。お家づくりに大切な知識をご紹介します。

予算の考え方

お金のことはどの家族も気になるところ。人生最大のお買い物といわれるお家づくり。お金のこともきちんと考えないといけません。借りれる金額ではなくご家族が無理なく返せる金額を知っていないと後で大変なことに・・・。お子様の将来の芽を摘む可能性もあるのです。

土地を購入してお家を建てる場合は、 “相場感”をつかむことがカギになります。土地には、地域ごとの相場がありますが、相場感をつかまないままに、「◯◯小学校の校区で〇〇万円以内」と限定して土地を探してしまうと、いつまでたっても理想の土地が見つからないということにもなりかねないんです。

土地を買う前にお家づくりの予算をある程度定めておくことも大切になります。先にお家を建てるために使う金額をある程度決めておいて、そこから土地に使える予算を割り出してから土地を探しをすることで土地の予算とお家の予算のバランスがとれます。土地ばかりにお金を掛けてしまってお家にお金を掛けられないケースが結構あるんです。

住宅の性能

一番大切なのは見えない部分、つまり「性能(住み心地)」です。この4~5年で家の性能はどんどん良くなってきて、こだわれば快適なお家を手に入れられるようになりました。

快適なお家のポイントは、「高気密・高断熱」の性能です。高気密・高断熱の住宅なら少ないエネルギーで家中の温度をコントロールできるため、省エネになります。ランニングコストである光熱費もおさえることが出来るのです。断熱性能の低い、これまでの日本の住宅と、高気密・高断熱(長期優良住宅の基準をクリアするレベル)の住宅を比べると、年間で10万円以上の差が出るのです。これは何かとお金のかかる子育て世代にとって、助かるポイントではないでしょうか!

お家づくりに大切なことは「無理のない予算」と「住宅性能」なのです。そして、自分たちの価値観にあった会社に巡り会えるかどうかなのです。

家づくり学校では、個別相談やセミナーを通して、お一人お一人にとって無理のない予算を一緒に考え、要望をまとめるお手伝いをしています。そして「予算」「要望」に沿った住宅会社をご提案し、実際にキーマンのお話を聞いて建物見学をしていただけるよう、見学訪問の手配をしています。「信頼できる1社」に出会えるまでしっかりお手伝いしますので、安心してご相談くださいね。

家づくりに迷う前に家づくり学校にお越しください。お待ちしております。

セミナーや体感ツアーも開催しております。詳しい日程や内容はこちらからご覧下さい。