暮らしを楽しむお家づくり ~お庭編~

お庭や玄関先に木があると自然を感じたり、忙しい日々の疲れを癒してくれたりしますよね。お庭やエクステリアはお家が完成してからと後回しになってしまいがち。結局、思うようなお庭ができなかったと言う話も聞きます。お庭も家をつくる時に一緒に考えておくことも大切です。
今回は、お庭&エクステリアの進め方をご紹介します。

イメージをまとめましょう

まずはどんな庭にしたいのか、どんな過ごし方をしたいのかを考えてください。例えば子どもやペットが走り回れるお庭にしたい、友達を読んでお庭でバーベキューをしたい、ガーデニングや家庭菜園をしたい、眺めに癒されたい、など、自分たちの暮らしの中で庭を使う場面を具体的に想像してみてください。そうするとこんなお庭にしたいとコンセプトが決まってきます。何が必要か、どんなデザインがいいのかも見えてきます。イメージに近い写真などをスクラップするのもおすすめです。

家の設計と同時進行で

お家の完成後では、庭に使える面積、建物や浄化槽の位置などによる制約で思うような庭ができないこともあります。お家との一体感や機能性、道路や周りの景色、採光や通風なども考慮てお家と同時進行で計画しましょう。事前に庭にかかる費用を把握しておけば予算オーバーも防げます。住宅会社に依頼することも出来ますが希望に合う庭を手がける庭師や造園業者を探して依頼することもできます。住宅会社選びと同じく、自分たちの思いを託せる相手を選びましょう。

完成後をイメージして

図面の作成段階では実際の生活をイメージしながら使い勝手を確認。車の出し入れはしやすいか、子どもが遊ぶ場所は安全が確保できているか、道路
や隣家からの視線は気にならないかといったことから、門灯や水やりのための水栓、庭の道具を入れる収納、植える木や花の種類など、必要なものや位置をチェックしましょう。図面を考える上では外からの見た目だけではなく家の中からの眺めも重要です。好みの木や花に囲まれていると忙しい毎日にゆとりと癒しを与えてくれるからです。

今だけでなく将来もふまえて計画を

庭は完成して終わりではありません。維持していくには日々の手入れが必要です。植栽の季節ごとの手入れ法や設備のメンテナンスも確認。また、庭づくりは今だけでなく将来の生活スタイルも考慮することが重要。例えば小さな子どもがいるご家庭なら、当初は子どもが安全に遊べるスペースや設備を優先して考えないといけませんし、成長して車を持つようになれば駐車スペースも必要になります。将来の変化も見越してフレキシブルに対応できるようにしておくことも大切です。

夢のマイホームを考えるだけでもワクワクしますよね。ちょとその前に、お家づくりのことをちゃんと考えてますか?
お家を建てた方の約7割が後悔すると言われています。どうして後悔するかというとなんとなくで決めてしまっているからなのです。
せっかく建てるお家づくりそれでいいのでしょうか?
家づくり学校では、理想のマイホームを建てるためにはどうしたらいいのか?の極意をお話しています。

お家づくりに迷う前にぜひ、家づくり学校にお越しください。お待ちしております。