お家は中身!お家の構造もちゃんと知ろう♪

日本最初で最古のログハウスと言われいてるものがあります‼

それは奈良の東大寺にある「正倉院」♪

三角にカットされた木柱を「井」の形状に積み上げて壁面を造る「井籠組み」「板倉造り」っていう建築様式・構造が用いられてます‼

たまたまひとり旅で撮った「正倉院」の写真を発見‼構造についてちょっと調べてみました。

木材を重ねてあわせて作った壁なので揺れにも強い~そして高床ということで温度・湿気の影響も少なくて、耐久性のあるヒノキ材なので、

今日にも現存できたとのことです。

最近感じることは、お客様の意識が家の構造や地盤のことをちゃんと気にされる方が多くなったなぁと感じます。

地震大国の日本…南海トラフがこの香川を襲えば「7クラス」がくるとも言われているので…

関心が高まるのは当然のことですが。

でもなかなか、構造を知ることっているのは難しいことですよね!

家づくり学校では皆さんに「後悔しないお家づくり」を知っていただくために、工務店さんにお願いをして、

構造見学ができる場をつくって頂いたり~色々な取り組みも!

お家づくりは見えないところが一番大事!しっかりと見て聞いて、自分たちのお家づくりに活かしてください。

しっかりと理解をして備えることが大事、知ってと知らずじゃ全然ちがいますよね!

毎月、様々な内容で皆さんに勉強していただいているので、お気軽に参加してください★

もちろん個別相談を開催しています♪

家づくり学校 高松校へのお問い合わせはコチラから⇒087-834-3834

★セミナーご予約はコチラから★

☆個別相談のご予約はコチラから☆